受診や入院に関することなど
お気軽にお問合せください。

【受付時間】
午前  9:00 ~ 11:40
午後 13:30 ~ 16:00

※月曜のみ9:30~
※土曜日午後は休診

統合失調症とは?

統合失調症は、幻聴や幻覚、被害妄想などの症状が特徴的な精神疾患です。

脳を構成している神経伝達物質の一つであるドーパミンという物質の作用が過剰となると、幻覚や妄想が出現しやすくなると言われています。発病は、10歳代後半から30歳代に発症することが多く、およそ100人に1人がかかる病気と言われています。人々と交流しながら日常生活や社会生活を営むという機能が障害を受け、「自分の状態がおかしいかもしれない」と考えることが困難になる病識の欠如という特徴を持ち合わせています。

統合失調症の症状

陽性症状

template01
  • ぶつぶつ一人ごとを言う
  • 誰かに監視される、狙われている感じがする
  • 被害妄想がある(誰かが悪口を言っている、嫌がらせをされている)
  • 支離滅裂で会話がまとまらない
  • 事実にないような事を考えたり、話したりする
  • 自分や他人の考えが伝わる感じがする

陰性症状

template01
  • 感情・意欲の低下(今まで興味があったものに関心がなくなる、何もしたくない)
  • 思考力の低下
  • 家から外出しないようになる
  • 疲れやすくなる
  • 一度にたくさんのことが出来なくなる

統合失調症の治療

統合失調症の治療は、薬物療法が中心となります。統合失調症のお薬は、本人の不安をやわらげ、幻聴が聴こえないようにしたり、考えにまとまりをもたせたりする効果があります。
また、十分な休息をとって、「こころ」と「からだ」をリフレッシュさせることも必要です。
「統合失調症になったら日常生活や仕事が出来ない」と悲観的になるのではなく、専門的な治療を受け、その人にあったライフスタイルをゆっくり見つけていくことが大切です。
回復に向けて一歩一歩進んで行きましょう。